腎臓病教室を行っています

腎臓病教室

慢性腎臓病(CKD)とは慢性に経過するすべての腎臓病を指します。
あまり耳にしないかもしれませんが、実は患者さんは1,330万人(20歳以上の成人の8人に1人)いると考えられ、新たな国民病ともいわれています。
腎臓は一度あるレベルまで悪くなってしまうと、自然に治ることはありません。
放っておくと、どんどん進行して取り返しのつかないことになる場合もあります。

当院では、腎不全外来通院中の患者さまとそのご家族様に限らずに地域の方々を対象に、腎臓病教室を年4回(1月 4月 7月 10月)第3土曜日 14:00より開催しています。
参加費は無料です。

希望される方は あけぼの病院 栄養科までご連絡をお願いします。