2018年4月着任医師のご挨拶

腎臓内科・人工透析内科部長 斎藤 明

ご挨拶
  • 急性腎障害をはじめ、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、遺伝性腎疾患、そして、自己免疫疾患に伴う腎臓病などの慢性腎臓病の診断を行い、その進行を抑制し、最も適切と思われる治療を行うことを心がけています。

    不幸にも、治癒困難な段階に至った慢性腎臓病(慢性腎不全)に対しましては、その進行を遅らせるべく、薬物療法、食事療法と日常管理法などに患者さんと共に取り組みます。

    慢性腎不全から尿毒症へ移行する段階に至った場合には、事前に、血液透析、腹膜透析、腎臓移植の特徴を十分に説明し、どの治療が個々の患者さんに合うかの選択をして頂くように致します。

    何れの腎障害の段階にも、選択すべき個々の治療法を分かり易く丁寧にご説明し、十分ご理解戴いて患者さんと共に治療を進めていくように心がける所存です。

出身大学
  • 名古屋大学医学部 1969年卒業
専門分野
  • 一般内科
  • 腎臓内科
  • 透析医学
  • 人工臓器学
  • 急性血液浄化
専門医・認定医
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定医
  • 日本腎臓学会功労会員
  • 日本透析医学会専門医・指導医・名誉会員
  • 日本人工臓器学会名誉会長
  • 日本急性血液浄化学会功労会員
  • 前ワシントン大学(シアトル)医学部客員教授
  • 前東海大学医学部腎・代謝内科教授

腎臓内科についてはこちらから


糖尿病・内分泌内科 千葉 恭敬

ご挨拶
  • 糖尿病を中心とした生活習慣病は身近な病気であり、基本的に本人の症状はほとんどありませんが悪い状態が続くと合併症が進行してしまうため適切な治療が必要となります。

    食事・運動・薬物治療により、良好な状態を保つことが大切です。
    近年では薬物治療においては新しい薬が続々と使用できるようになり、患者さんの病態に合わせて個別の治療を行うことが可能となりました。

    患者さんの健康寿命や生活の質を高めることができるよう、患者さんに寄り添った診療を心がけております。

出身大学
  • 札幌医科大学 2008年卒業
専門分野
  • 糖尿病
  • 内分泌疾患
専門医・認定医
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医

糖尿病・内分泌内科についてはこちらから