人工透析内科

特徴

人工透析室

透析はワンフロアーに重症度別のコーナーをもうけ治療を行っています。医療機器の透析装置はオンラインHDF装置導入、シャン卜設置術手術などを実施しています。さらに合併症の予防には診療部門と連携して注力しています。夜間透析や個室透析に対応しています。設備の冷暖房の空調や照明は患者さまにリラックスできる優しい設計になっております。

オンラインHDFとは?
オンラインHDFとは、透析液を置換液として使用した血液透析濾過法です。体内に大量の透析液を注入しそれと同量の除水を行い通常の血液透析だけでは除去が困難な物質(透析アミロイドーシスの原因と考えられているβ2マイクログロブリン等)を積極的に取り除く治療法です。
透析液清浄化について
体内に大量の透析液を注入するため、よりクリーンな透析液でなければなりません。そのため当院では、透析液供給ラインの交換・清浄化フィルターの増設を行い厳重な管理をしております。
治療効果

この治療法での効果・改善には以下のような物が言われております。

  • 透析アミロイド関連の骨・関節痛
  • 皮膚掻痒感
  • 透析中の血圧低下
  • 食欲不振
  • 貧血
  • イライラ感(下肢のイライラ・むずむず)
人工透析イメージ図
人工透析イメージ図

実績

シャント設置術等の手術にも、十分な対応可能な体制を確保しております。

透析手術件数

設備

透析室1
透析室1
透析室2
透析室2

医師紹介

齋藤 明

役職

腎臓内科・人工透析内科 部長

出身大学

名古屋大学医学部 1969年卒業

専門分野

  • 腎臓内科

専門医・認定医

  • 日本透析学会専門医・指導医 名誉会員
  • 日本人工臓器学会 名誉会長
  • 日本腎臓学会 功労会員

ご挨拶

急性ならびに慢性腎臓病の診断と治療、腎不全の透析療法に50年間従事してきました。親切な診療を心掛けています。

宍戸 崇

役職

腎臓内科・人工透析内科 医長

出身大学

獨協医科大学医学部医学科 2000年卒業

専門分野

  • 人工透析・腎臓内科

専門医・認定医

  • 日本腎臓学会 腎臓専門医
  • 日本透析医学会 透析専門医
  • 日本内科学会 総合内科専門医

ご挨拶

慢性腎臓病の患者様は心血管病等を合併することが多い為、きめ細い診療を行うことを心がけています。

天野 慶子

出身大学

北里大学医学部 2008年卒業

専門分野

  • 腎炎
  • 腎不全

専門医・認定医

  • 日本内科学会認定医

ご挨拶

患者さまが、安心できる医療を提供できるよう努力をしていきます。宜しくお願い致します。

診療日

人工透析 【月・水・金】【火・木・土】グループ共通
08:35〜/09:35~/14:00〜/15:40〜