新任医師 着任のご挨拶

■ 大沼 充史 (内科)

2021年4月より医師としてあけぼの病院に勤務することになりました大沼充史と申します。

 私は昭和63年北里大学医学部卒業 同大学病院消化器・一般外科入局 研修を行ってまいりました。

 しばらく手術からは遠ざかっておりましたので、このたびは消化器を中心とした内科として勤務させていただきます。

 内視鏡におきましては患者さんに苦痛の少ない検査・治療をこころがけてまいります。

 少しでも町田市の地域医療に貢献していきたいと考えております。よろしくお願いいたします。

 


■ 京井 玲奈 (外科)

2021年4月より、外科に着任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

 癌は高齢の方のみの病気ではありません。若い方も少しでも気にかかる症状のある方はぜひご相談ください。また癌のみならず胆石、鼠経ヘルニアなど身近な病気も放置せず気軽に受診頂ければと思います。治療はもちろんのこと創部の整容も心がけております。

 女性医師ご希望の方は水曜日の外来を受診ください。

 地域の皆様に寄り添った医療を提供できるよう努めさせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 


 

■ 林田 真由子(健診部)

2021年4月より当院健診部に勤務いたしました林田真由子と申します。これまで消化器内科医、一般内科医として専門診療に携わって参りましたが、様々な生活習慣病やがんを長期間抱える患者様と日々向き合う中、病気の予防や早期発見の重要性を強く実感しておりました。

 病気予防には、病気にならないようにすることや生活習慣改善などの一次予防(健診)、病気になってしまった人を早期発見・早期治療する二次予防(検診)があり、ご自身の健康状態を把握し罹りやすい病気の危険因子のチェック、改善点があればご指導も行うのが我々の仕事です。

 死因の上位である心血管疾患の予防は、糖尿病、高血圧、高脂血症などを予防する生活習慣の維持が大切です。また現在日本人の2人に1人はがんを罹患し、3人に1人はがんで亡くなります。

 がんは検診により早期発見が可能となるばかりでなく、早期に治療をすれば死亡率を低下させることができます。

 当院の人間ドックでは安心安全な検査はもちろん、当日に医師から結果説明があり、保健指導や受けた後のフォローアップ外来があることが特徴であります。ご自身のみでは改善が難しいことも通院しながら共に寄り添う健康指導スタイルを目指しております。

 多くの皆様の健康面でのサポート、日々の笑顔のお手伝いに尽力させていただければ幸いでございます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。