循環器内科

特徴

<臨床経験豊富なスタッフによる迅速・正確な診断>
CT
CT

当院循環器のスタッフは、皆十分な臨床経験を有し、また日頃より最新の知見や臨床データを得るべく努力しています。
最新の医療検査機器(心臓超音波、エルゴメーター負荷心電図検査、24時間ホルター心電図、脈波検査、胸部CT(64列マルチスライス)検査等)を駆使し、常に迅速かつ正確な診断と最適な治療を皆様に提供するよう心がけています。

<高度専門医療機関との緻密な連携>

高度専門治療(例;虚血性心疾患や不整脈に対するカテーテル治療や心臓血管外科手術など)が必要な患者さまには、常に大学病院や心臓専門病院と連携して治療を行っています。

紹介先医療機関例
  • 東京女子医科大学病院
  • 北里大学病院
  • 聖マリアンナ医科大学病院 
  • 大和成和病院(循環器センター) 等
<心臓病危険因子の管理>

当科は、予防医学にも重点的に取り組んでいます。
心臓を守るためには、危険因子と言われる高血圧症、脂質異常症、糖尿病および喫煙対策等への管理が極めて重要です。常に生活習慣に対する指導を心がけ、また適切な薬物療法により、これらの危険因子の管理を厳重に行っています。
糖尿病の難治例に対しては、専門外来との連携、専門医への紹介も行っています。

主な対応疾患

  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)
  • 心臓弁膜症、心筋症、先天性心疾患
  • 感染性心内膜炎、心筋炎、心膜炎などの心臓炎症性疾患
  • 心房細動などの不整脈の管理・治療
  • 高血圧症、脂質異常症などの危険因子の管理・治療

医師紹介

石丸 貢一

役職

医長

出身大学

大分大学医学部 1985年卒業

専門分野

  • 循環器内科分野

診療日

診療
開始時間
午前 
9:00〜
午後 
13:00〜