外科・消化器内科・消化器外科・大腸・肛門外科

特徴

高機能手術室
高機能手術室

胃癌、大腸癌、胆石症、痔疾患、鼠径ヘルニア、外来小外科手術などをはじめとして日常のけが、おできの処置をします。また腹痛や便秘、下痢症などの消化器疾患を診療しています。健康診断で指摘された内容について内視鏡などで詳細な検査・ご相談を承っております。

<対応手術について>
  • 胃癌
  • 大腸癌
  • 胆石症
  • 痔疾患
  • 鼠径ヘルニア
  • 外来小外科手術
<内視鏡検査およびその他について>
  • 胃内視鏡検査は週に4日、大腸内視鏡検査は週に2日おこなっています。
    •  予約制となっていますので、ご希望の方は消化器外来を受診の上、担当医師とご相談ください。
      通常1週間内で予約可能です。緊急の場合は、通常診療時間内であれば、当日対応もしております。
      ご希望により、麻酔下検査も可能ですので、担当医師とご相談ください。
  • CT検査や超音波検査、バリウム検査や採血検査、ノロウイルス迅速検査などは、当日に結果がわかるシステムとなっております
<細径経鼻内視鏡の紹介>
オリンパス社製GIF-N260を使用
オリンパス社製GIF-N260を使用

メリット

  1. 全身麻酔(鎮静剤)をしようするのと比べ、薬による副作用が少なく安全な検査で、検査後に仕事をすることも可能です。
  2. カメラの径が細いため、通常径のファイバーに比べ痛みや反射が少ない。
  3. 鼻から挿入するとファイバーが通る経路が違うため、口から挿入するのに比べ、嘔吐反射が少ない。
  4. 検査中に会話ができます。

デメリット

  1. 鼻からの出血など損傷リスクがあるため、鼻疾患がある方は避けたほうが良い。
  2. 全身麻酔(鎮静剤)を使用するのと比べ、若干苦痛感がある。
  3. 鉗子口が小さいため、ポリープ手術が不可能である。
  4. カメラの径が細いため、画像の解像度が低く、視野が悪く精密検査に不向きである

主な対応疾患

  • 胃・大腸ポリープ(内視鏡手術など)
  • 早期粘膜内癌(内視鏡手術など)
  • 胃・十二指腸潰瘍(内視鏡検査、除菌療法など)
  • 胆石症(腹腔鏡手術)
  • その他(開腹手術一般、内視鏡下胃瘻造設、外来小外科手術など)

医師紹介

赤岩 順
赤岩 順

役職

外科医長

出身大学

日本医科大学 1975年卒業

専門分野

  • 消化器外科
  • 消化器疾患一般
  • 大腸・肛門外科

専門医・認定医

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器学会専門医
  • 日本消化器外科学会終身指導医
  • 日本大腸・肛門病学会専門医
  • 日本大腸・肛門病学会指導医

ご挨拶

消化器癌の健診にも力を入れております。

廣安 俊吾

出身大学

防衛医科大学 1987年卒業

専門分野

  • 消化器外科

専門医・認定医

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会認定医

ご挨拶

外科及び消化器疾患を担当し、内視鏡、手術等を行っています。近年の診断、治療の進歩に沿った標準的な質の高い医療を提供できるよう努めます。

診療日

診療
開始時間
午前 
9:00〜
午後 
14:00〜
  • ※1 外科は、火曜日午後<手術日>です。その他各診療科においても、緊急対応等で変更の場合がございます。
  • ※2 外科の土曜日午後の診療は、いずれかの当番医師になりますので疾患によっては診察ができない場合がございます。あらかじめお電話(042-728-1111)等でご確認のうえ来院下さいますようお願いします。

担当医につきましては外来診療予定表をご覧ください。